歯科医院

毎日の食事を楽しくしてくれるオールオン4

高齢になると歯を失う人が増えます。
どんどん失い続けると無歯顎になり総入れ歯を装着しなければならなくなります。
老化なのでしかたがないこととあきらめてはいけません。
若いころからしっかり予防をしていれば歯を残すことができます。
体だけでなく歯の定期検診も大切なのです。

虫歯や歯槽膿漏などで少しずつ歯を失うことがあります。
患者には入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択肢があります。
抜けてしまった歯をそのままにしておくと残っている歯に悪影響を与えるので歯医者で必ず治療することです。
そしてどんどん歯を失うと入れ歯かインプラントになります。
多くの人が入れ歯をすることが多いのですが、入れ歯には問題があり悩まされ続けることになるかもしれません。

入れ歯は身近な方法ですがしっかり噛むことができない、固いものが噛みにくい、間にものが挟まると痛い、使っていると合わなくなるなど欠点があります。
それに歯磨きができないので特殊な洗浄をしなければ口臭の原因となります。
ほとんどの歯を失っている人にはとても便利なものですが、悩みが多すぎて食事がおいしく感じられないこともあります。

多くの歯を失っている人や総入れ歯の人は、インプラントも検討してみてはいかがでしょう。
インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込みその上にセラミックでできた歯を装着します。
一本の費用は保険が適用されないので入れ歯に比べるとかなり高額な負担がかかりますが、多くの歯を失っている人はオールオン4という機能的な治療があるので費用を安くできます。
全く歯のない無歯顎で総入れ歯の人でもポルトガルの歯科医が開発した新しい治療法のオールオン4があるので患者の負担を少なくすることができます。

オールオン4なら見た目が自然なだけでなく普通の歯磨きをすることができます。
自分の歯と違和感がなく美しい歯を手に入れることができます。
口臭の心配もなく会話も楽しむことができます。
ぐらつきがなくしっかり噛むことができ、物が挟まる心配もないので食事をおいしく食べることができます。

オールオン4にしてしっかり噛むことができれば食べ物の味を味わうことができおいしさを実感できます。
食事が楽しくなるばかりか、ものを噛むことで胃の負担を軽減することができます。
噛む力は脳の働きをよくするので頭の回転が良くなり認知症の予防ができます。
噛み合わせがよくなれば肩こりや腰痛を軽減でき足腰も丈夫になるのです。

関連記事

  • 結局入れ歯とインプラントどっちが正解?に関する画像
    2018.05.21

    結局入れ歯とインプラントどっちが正解?

    虫歯を治療せずに放っておいたり、加齢によって歯を失ってしまった場合、入れ歯の他にインプラントという選択肢があります。 このふたつはどちらもメリットとデメリットがあり、それらを考慮した上で選ばなければなりません。 入れ歯は、保険適用されるもの...続きを読む

  • インプラントの平均的な寿命は10年に関する画像
    2018.06.17

    インプラントの平均的な寿命は10年

    歯を失ってしまった場合、これまでは入れ歯やブリッジという治療法が一般的でした。 入れ歯やブリッジ治療は自然の歯と比べて噛む力を十分に得ることが出来なかったり、見た目が不自然、調整をする必要があるなどのデメリットがありました。 そこで、顎の骨...続きを読む