歯科医院

結局入れ歯とインプラントどっちが正解?

虫歯を治療せずに放っておいたり、加齢によって歯を失ってしまった場合、入れ歯の他にインプラントという選択肢があります。
このふたつはどちらもメリットとデメリットがあり、それらを考慮した上で選ばなければなりません。

入れ歯は、保険適用されるものの他に、従来の入れ歯とは異なり金属の基礎を使用しないものがあります。
代表的なものとして、主にブリッジタイプとして使用され、他の歯に溶け込むように装着できる「ウェルデンツ」と、歯ぐきにあたる床を使用しながら、非常に薄く弾力性がある「バルプラスト」が挙げられます。

これらの最新入れ歯は、元々の歯の質感により近くできているため、見た目の差やはめた時の違和感も、従来のものと比べて少なく済みます。
また、歯ぐきとの隙間に食べ物などが入り込んでしまうというデメリットも抑えることができます。

もちろんバネを使用した従来のものにも言えることですが、入れ歯はたとえ最新の物であっても、はめることで周囲の歯に大小の負担をかけてしまうことは避けられません。
歯がないということは、その他の歯も弱っている可能性が高い人が多いため、全体的に歯が弱るリスクを考えなければなりません。

入れ歯と比べて、インプラントの最大のメリットは、歯を本来のものと同じ様に扱えることです。
あごの骨に土台を埋め込む形なので、しっかりした噛みごたえを再現することが可能です。

しかし、インプラントには手術が必要であるというデメリットがあります。
これによってインプラントができない人や、身体に負担がかかったりするリスクがでてきてしまいます。
また、最高の状態を維持するために、定期的な調整が必要となります。

これらの選択肢の中で、保険が適用されるのは従来の金属を使用した入れ歯のみです。
インプラントやウェルデンツ、バルプラストは数十万円する費用を自己負担しなければなりません。

予算を度外視すると、実用性の面で普通の歯と同じように生活できるインプラントに軍配が上がります。
手術と治療による確かな土台は、それだけしっかりしたものになるからです。
その後にウェルデンツやバルプラストのような最新入れ歯が続きます。
従来の入れ歯は、やはり最低限のものに抑えられているので、使用感としては劣ってしまいます。
また、最新入れ歯は壊れてしまう恐れがあり、その場合は一から作り直すことになります。
そのリスクとインプラントの定期メンテナンスの手間を天秤にかけても、インプラントの方にメリットがあります。

関連記事

  • 毎日の食事を楽しくしてくれるオールオン4に関する画像
    2018.04.25

    毎日の食事を楽しくしてくれるオールオン4

    高齢になると歯を失う人が増えます。 どんどん失い続けると無歯顎になり総入れ歯を装着しなければならなくなります。 老化なのでしかたがないこととあきらめてはいけません。 若いころからしっかり予防をしていれば歯を残すことができます。 体だけでなく...続きを読む

  • インプラントの平均的な寿命は10年に関する画像
    2018.06.17

    インプラントの平均的な寿命は10年

    歯を失ってしまった場合、これまでは入れ歯やブリッジという治療法が一般的でした。 入れ歯やブリッジ治療は自然の歯と比べて噛む力を十分に得ることが出来なかったり、見た目が不自然、調整をする必要があるなどのデメリットがありました。 そこで、顎の骨...続きを読む